シェアオフィスは「ビジネス」の第一歩

>

シュアオフィスのメリット

コワーキングスペースなどシェアオフィスは、特に起業の拠点としてメリットがあるといわれています。
まずオフィスの賃料が安いことがあげられます。物件によっては保証金や前払い賃料なし、使用した時間だけの料金を払えばよい契約が多いです。
その上、オフィスに必要な机・椅子などの備品などを自前で購入する必要はなく、水道光熱費・ネット通信費などのランニングコストも賃料に含まれていることが多いです。
また、シェアオフィスの多くは都心部のアクセスの良いところにありますので、通勤やクライアントとの打ち合わせが容易になります。
そして、オフィスの清掃や戸締まりなどの雑務も貸主側が行ってくれますし、複数の契約者が同時に利用することで安全面の確保もできます。
シェアオフィスの特徴である多種多様な利用者は、互いのネットワークの構築、利用者同士の共有・共感を生み出します。

シェアオフィスのデメリット

シェアオフィスは複数の会社の人々が使用します。
従って、集中して作業を進めたい場合には、他の人の話し声をシャットアウトはできません。元々交流自体をセールスポイントとしているシェアオフィスの場合、他の人に対して話し声を制限することなどはできません。利用者に比べて机の数が足りないときには、仕事をしたいときにできないこともあります。
また大勢の人が利用することで、貴重品やパソコン内の情報がちょっとした隙に盗まれてしまう、ビジネスのアイディアや機密事項が周囲に知られてしまうことも、ないわけではありません。
ネット環境も複数の人が使うことにより、接続が不安定になることもあります。
料金的に別になったり座席の数に限りがある場合もありますが、集中(コンセントレート)して作業を行えるエリアを設けているシェアオフィスもあります。ネット環境と合わせて、シェアオフィスの物件を調査するときにチェックしておきましょう。


シェアオフィスの基本コンセプト

この記事をシェアする