シェアオフィスは「ビジネス」の第一歩

シェアオフィスの基本コンセプト

新しいものへの憧れ、都心への憧れ、オシャレな所で仕事をしたいという願望、メリットを見いだした人達はシェアオフィスを利用しています。利用者の増加とともに、そのデメリットも散見されています。 サプライヤー側も新しいサービスの提供で、従来のデメリットの解消に努めています。

サービスと利用する業種の拡大

シェアオフィスの市場が拡大するにつれて、付加価値的なサービスが増えてきました。レンタルオフィスの領域である、法人登記や03外線電話の開設など、サービスの領域が増えています。 実際に利用する人の職種も、腰を落ち着けて作業をする領域へも広がってきています。

シェアオフィスの思惑は将来を見据えている

シェアオフィスの開設数が増えている背景は何でしょうか?そこには利用者側の事情のみならず、サプライヤー側の思惑も働いています。それを裏付けるわけではありませんが、起業に特化したコンサルティング付きのシェアオフィスの形態が、都心から離れた自治体支援でも生まれてきています。

メリットは少なくない、シェアオフィス

シェアオフィスは、どのようなものでしょうか?
区別がつけにくい、コワーキングスペースやレンタルオフィス、さらにサテライトレンタルオフィスとの違いは何でしょうか?
シェアオフィスは、通常自社とは限らない複数の利用者が、専用の机・仕事場所を持たず、自由に着席場所を選んで仕事をします。つまり多くのシェアオフィスは個別の占有スペースはあらかじめありません。複数のオフィスから場所を選べますし、自前で設備を整える必要もありません。レンタルオフィスやサテライトオフィスとは異なり、使用した分だけ費用が発生するというメリットもあります。しかし様々な人が利用しますので、機密情報の扱いには十分な注意が必要です。聞かれたくない電話をする場合、その度に他人に聴かれない場所に移動しなくてはなりません。
コワーキングスペースは、特に利用者同士の交流を重視したシュアオフィスといえます。起業したばかりの人が、コミュニティーを形成したい人には向いていますが、静かな所で作業をしたい人には向いていません。
レンタルオフィスは、利用者が個室を持ちセキュリティも確保、必要なオフィス設備も予め用意されているのですぐに仕事ができます。働き方改革の手段というよりも、起業時や海外法人が日本に進出する際の拠点として、都心の住所に登記もできるのが魅力です。
サテライトオフィスは、本拠から離れた所に企業や団体が設置するオフィスです。起業の拠点という意味合いが全くないことが、上記の3つとは異なります。郊外に設置する場合、在宅勤務ではメリハリがつけられない場合、ほどよい緊張感で働くことができます。創造性を必要とする業種には向いていますが、顧客へのアプローチという点では注意が必要です。
もっともこの区別はおおざっぱなもので、各々の領域を超えている場合もあります。